唐津ゲストハウス創業記

佐賀県唐津市に“泊まれる少女まんが館”「唐津ゲストハウス少女まんが館Saga」を開業するまでのあれやこれやを綴ります。

ゲストハウスの物件探し(4)〜そうだ、不動産屋行こう〜

館主(予定)のからいけです。

 引き続き、ゲストハウスの物件探しについてです。

 

市役所で創業支援について聞いたあと、ついでに寄ったのが和多田にある小杉窯のギャラリー。

f:id:jomakansaga:20170729123523j:plain

唐津焼 小杉窯 Karatsu Pottery KOSUGI

唐津焼作家の小杉隆治くんは兄の友人で、東京での個展開催時にはお手伝いに行ったりしていましたので、私もずっと親しくさせてもらっています。

Eテレの「美の壺」で紹介されたこともある若手実力派だったりもします)

 

いろいろ近況報告をしつつ、

「良さそうな空き家のなかかな〜」

と少々ぼやいたところ、

「そやん情報はプロに訊いたほうがはやかっちゃなか。仲間に不動産屋のおるけん紹介してやっよ」

との有り難いお言葉。

 

その当時、賃貸物件は思案の外だった私には、目から鱗。

たしかに、素人がドタバタするよりも、とりあえずプロに話を聞いてみよう。

さっそく小杉くんがその場で連絡を取ってくれ、翌日時間をもらえることになりました。

 

訪れたのは、西唐津にある「宮崎不動産」さん。

f:id:jomakansaga:20170729124038j:plain

見るからに、地元密着の「街の不動産屋さん」です。

 

そして、入ってすぐ左手、私の目に飛び込んできたのが、「用途地域」で色分けされた唐津市街地の地図でした。

そう、「ゲストハウスの物件探し(2)」で私を混乱に陥れたあの「用途地域」です!

 

jomakansaga.hatenablog.com

 

それが、地図上にわかりやすく色が塗られており、ひと目でその場所がどの「用途地域」になるかがわかるようになっていました。

 

餅は餅屋、を実感した瞬間でした。

(つづく)