唐津ゲストハウス創業記

佐賀県唐津市に“泊まれる少女まんが館”「唐津ゲストハウス少女まんが館Saga」を開業するまでのあれやこれやを綴ります。

補助金申請通りました!

館主(予定)のからいけです。

 

ちと話はさかのぼりますが、工事の着工を前に、先週、滑り込みでなんとか唐津市中心市街地活性事業・空き店舗チャレンジの許可がおりたと市の商工ブランド課のYさんよりご連絡が!

 

満額の100万円がいただけそうです。

良かった!!!

 

また、こちらの補助金は工事が始まる前に許可をいただく必要があるとのことでした。申請から許可までだいたい1カ月はかかると聞いてましたので、けっこうギリギリの日程だったんですよね。

工事着工が唐津くんち(11/2〜4)開けの予定でしたので、間に合うかちょっとドキドキしたのですが、本当に良かったです!

 

申請用の書式が市のホームページにあがっており、いろいろと記載事項があったのですが、これまでにつくっていたなんちゃって事業計画書や、今後の運営のための稼働率と利用金額などをざっくり計算していたエクセル表が役に立ちました。こまごまと考えたことを紙面上にまとめておくのって、本当に大切です。

 

提出する事業計画書には、店舗改装や開業までにかかる費用、資金調達の方法(自己資金、親戚・知人からの借り入れ、融資など)、開業の動機、これまでの同業種での経験、取り扱う商品、営業時間、店舗のセールスポイントなどなどを記入。

他に必要書類としては、店舗改装の見積もり(実際に依頼する業者さんの見積もりと、それが妥当かを判断するための他社さん分)や改装用の間取り図を提出しました。

以前つくっていたものありきではありますが、申請の書類を書くのに使った時間はだいたい5時間ほど。

 

ちなみに、こちらを申請するのは商工ブランド課さんなのですが、申請が妥当で実現の見込みがあると商工会議所の経営指導員さんに認めていただかないと、申請書を提出できません。

最初に商工会議所に提出書類を自分なりに書いたものを持参し、経営指導員さんに指導をしていただきました。おおむね問題なかったのですが、いくつかの指摘事項を修正し、見積もりが出た時点で再度相談に伺うと、問題なし!とのお墨付きで、そのまま商工ブランド課の担当の方に連絡してくださり、提出させていただきました。

 

つまりは事前準備が大切です、というお話でした。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

 

写真:松浦川唐津城

f:id:jomakansaga:20171106222351j:plain