唐津ゲストハウス 女まSaga日記

佐賀県唐津市の“泊まれる少女まんが館”「唐津ゲストハウス少女まんが館Saga」ののんびり(希望)な日々を綴ります。

改装工事2週目〜作業7日−12日〜

館主予定のからいけです。

 

今週は柱を建て、フローリングを貼るのが主な作業とのこと。

毎日どんどん変わっていっています!

 

11月13日(月)

f:id:jomakansaga:20171118121844j:plain

洗面やシャワーなどの水回りと、宿泊スペースとの間の間仕切りのための柱が建ちました!

f:id:jomakansaga:20171118122152j:plain

店舗部分の壁もしっかり枠ができてきています!

が、階段下のスペースはめいっぱい使うとお伝えしたはずが、どうも左側が塞がれそうになっています。

慌てて、ここは物置スペースとして使いたい旨をお伝えし、ことなきを得ました。

(大工さんに二度手間をかけさせてしまいました……)

 

11月14日(火)

f:id:jomakansaga:20171118122728j:plain

階段下の物置スペースができていました!

f:id:jomakansaga:20171118122846j:plain

店舗スペースに無垢のパイン材のフローリングが貼られていっています。

きれいです! にやにやします!!

4mの長さのさね付き(はめ込みやすいよう側面に凹凸あり)の材を強度を確保するため、そのまま使わずに必ず1回はカットして段をつけて入れておられました。細かい仕事は、さすが職人さんです。

 

11月15日(水)

f:id:jomakansaga:20171118123349j:plain

脱衣所の骨組みができており、コンセントやスイッチもきっちり位置取りがされていました。

f:id:jomakansaga:20171118123502j:plain

フローリングを傷つけないよう、養生ボードが敷かれています。

f:id:jomakansaga:20171118123558j:plain

エアコン移設のための配管作業も進んでいます。

 

ちなみにこの日は保健所で簡易宿所許可申請や水質汚濁関係の書類を受け取り、書き方の説明などを受けました。

申請書類自体はあまり難しいことはなさそうなのですが、水質汚濁関係の書類書きがとにかく面倒!

旅館業はすべてこの書類の提出が義務付けられているのですが、ベット数などの規模によりもっと簡略化することはできそうです。工場じゃないんだから、汚水が問題になるレベルで出るはずもないですし。民泊の施設でもこの書類の提出は義務とのことですので、おそらく今後の課題になると思います。

このあたりはまた書いていきますね!

 

11月16日(木)

f:id:jomakansaga:20171118124538j:plain

すっかり店舗部分はフローリングが貼られました!(見えませんが)

f:id:jomakansaga:20171118124710j:plain

宿泊スペース部分もフローリング(こちらは落ち着く濃い茶色)が貼られていました。本当にあっという間です。

f:id:jomakansaga:20171118124819j:plain

宿泊スペースにはエアコンも入っていました。

 

11月17日(金)

f:id:jomakansaga:20171118124925j:plain

新設する壁部分に断熱材が入れられています。左側の壁の下部分などにも入ります。

f:id:jomakansaga:20171118125106j:plain

事務スペース部分の骨組みも完了!

カウンターの高さなども決めていっています。

そして、あいかわらずクロスに悩まされているのですが、週明けには決めなきゃいけません。これでだいぶ雰囲気が変わりますので慎重になっているんですが、きっと実際に貼られたらあまり気にならなくなるんでしょうね。

めんどくさい施主なのは重々承知ですので、とりあえず毎日おやつと飲み物は貢いでます(笑)。先日休憩時間に合わせあったかいレモネードをつくって持っていったら、すごく喜んでもらえました。やっぱりあったかいものはこの時期必要ですね。

 

11月18日(土)

f:id:jomakansaga:20171119094835j:plain

 カウンター部分の枠ができていました。こちらにシンクなどが入ります。

f:id:jomakansaga:20171119094909j:plain

宿泊スペースとの間もしっかりしてきています。

f:id:jomakansaga:20171119155652j:plain

こちらは、先日がらくた市で入手(¥5,000)した引き戸。片開きに加工していただき、宿泊スペースとの間のドアとして入れてもらいます。

f:id:jomakansaga:20171119155958j:plain

吹き抜け部分の回廊へ上がる階段も組まれ始めています!

ちなみに、製材所で加工していただいた材木には、「唐津ゲストハウス」と印が入っていまして、なかなか感慨深いです。

f:id:jomakansaga:20171119160526j:plain

 

来週は壁や天井用のボードが貼られ、もっと部屋っぽくなっていくかと。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。