唐津ゲストハウス創業記

佐賀県唐津市に“泊まれる少女まんが館”「唐津ゲストハウス少女まんが館Saga」を開業するまでのあれやこれやを綴ります。

かわいくて優秀なアイツ〜作業3日目〜

館主(予定)のからいけです。

 

11/8(水)雨のち晴れときどき曇り

 

作業3日目。今日から大工さんが入られます!

朝8:30に現場に伺うと、すでに皆さんそろわれていて、今日の段取りを確認中。

すでに切り込みが入れられた材木も搬入され、現場監督のAさんが丁寧に説明してくださいました。

f:id:jomakansaga:20171108190734j:plain

今日は、昨日から引き続き水道屋さんが給排水の工事をされ、大工さんたちは主に宿泊スペースをフローリングにするための床上げ作業に入られました。

 

そこで大活躍していたのがこの子!

f:id:jomakansaga:20171108191203j:plain

何をするものかわかります?

ちなみに、大きさは15㎝×10㎝ほどのコンパクトさ。

右の真ん中あたりが赤く光っているんですが、ここからレーザーが出てるんです!

壁にまっすぐな線が現れ、それに合わせて墨出し(工事中に必要な線や位置などを床や壁、柱などに墨で付けていくこと)を大工さんたちがしていきます。

f:id:jomakansaga:20171108191818j:plain

「いろいろハイテクですね!」

と興奮する私に、

「そのぶんたっか(高い)けどね」

と、いろいろ道具を見せてくださりつつ、どんどん作業が進んでいきます。

 

お邪魔にしかならなさそうでしたので、ここでいったんフェードアウト。

おやつ時間にシュークリームを持ってふたたびお邪魔したところ、床を貼るための木材がはめ込まれています。

f:id:jomakansaga:20171108194352j:plain

 

その横では水道屋さんが必死に作業を進めています。

そう、床を貼る前に排水管を通しておかないといけないからです。

f:id:jomakansaga:20171108193557j:plain

また、床を這うのは排水管だけでなく、電気配線も!ちょうど行くと電気屋さんがエアコンや照明、コンセントの位置などで図面とにらめっこしていました。

「ちょうど良かった!」

とのことで、きっちり現場確認のうえ電気設備の位置を決めていきました。

役立たずの施主がずっと居すぎると迷惑でしょうが、今日はどうやらちょこちょこ顔を出して正解だった模様。

 

幸い、徒歩3分ほどの場所に唐津で唯一のコワーキングスペースswitchさんがあり、そちらに登録していますので、現場近くにいつつ仕事もできるという、非常に恵まれた環境です!!

唐津にあるコワーキングスペース「唐津Switch」

 

ひとまず電気屋さんとの確認を終え、switchさんで保険屋さんと待ち合わせです。工事が終わる12月中旬に保険に加入しておけば、何かあったときも安心ですから。旅館業を営むわけですので、その辺もきっちりしないといけません。

保険のことはまた後日少し書きますね。

 

保険屋さんとの打ち合わせを終え、現場に戻ってみると、またさらに作業が進んでおり、天井に穴が開いていました。

f:id:jomakansaga:20171108194642j:plain

レンジフードとかぶるため、移設する動力エアコン(既存)と移動位置の穴。

f:id:jomakansaga:20171108204321j:plain

宿泊スペースの動力エアコン(新規)用の穴

f:id:jomakansaga:20171108194810j:plain

シャワールーム用のダクト。

f:id:jomakansaga:20171108194919j:plainトイレとシャワーの排水管。

 

明日もこの辺りの作業が続くそうですが、明日は取材のため、作業開始にはいけません。夕方に覗けるかな? どうなっているか、楽しみです!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。