唐津ゲストハウス創業記

佐賀県唐津市に“泊まれる少女まんが館”「唐津ゲストハウス少女まんが館Saga」を開業するまでのあれやこれやを綴ります。

まさかのビル内での物件変更〜ときめきの天井高4.4m〜

館主(予定)のからいけです。

 

予算と物件の間で揺れる私のもとに不動産の宮崎さんからの電話が入りました。確かお盆明けの設備やさんたちの内見スケジュールについての確認だったと思いますが、そのついでに爆弾発言が。

 

宮「実は、裏のお米屋さんが完全に廃業することになりまして。ここ2、3日中に廃業届を出すことになったみたいです」

いけ「急ですね! 長くやっておられたのに残念ですね〜」

 

そのときはそんな感じで電話を切ったのですが、

それって、裏の事務所(図面では貸し倉庫)と精米店がまるまる空くってこと?

ということに思い当たりました。

 

f:id:jomakansaga:20171002101325j:plain

上記のような図面で見積もりを取りつつ、このままここでやるのは厳しいかも、と思っていた矢先です。でも、裏が空くならずいぶん話は違ってきます。

無理やり全体面積を60㎡ほどに広げてもらったものがすんなり70㎡ほどになるうえに、内部の壁のつくりなおしがほとんどいらないし、事務所部分だけで居室面積問題もクリアできるし、給排水の配管もスムーズ! 

あれ、これ、もしかしなくてもこっちのほうがいい??

 

恐る恐る宮崎さんに聞いてみました。

「あのう、表じゃなくて、裏を借りたりってできますか?」

「お、気づいちゃいました?(笑)良かったらご覧になられます?」

宮崎さん、どうやらとっくにその可能性について考えてくださっていた模様。

この策士!(笑)

 

同じ物件内とはいえ、これまで裏の部分はほとんど意識外だったため、まったくどうなっていたのか記憶にありません。

さっそくお邪魔して中を見せていただくことに。

 

f:id:jomakansaga:20171002133035j:plain

建物の裏手はこんな感じです。

駐車スペースがある!!車社会の唐津にとって、駐車スペースがあるのは有難いです。

そして、手前のドアから中に入ったのですが……。

 

!!!!!!!!

天井たかっ!

精米の機械が置けるようにつくられており、その部分の天井がなんと4.4mとのこと。

f:id:jomakansaga:20171002140048j:plain

f:id:jomakansaga:20171002135811j:plain

(廃業されたばかりのため、事務所や機械もすべてそのまま)

東向きの大きな窓から入る光も十分で、コンクリ打ちっ放しの壁が工場っぽくていい味になっています。

 

f:id:jomakansaga:20171002142237j:plain

精米機の中にあるベルトコンベアー

 

宮「この精米の機械を一部残したりしたら面白くないです? で、天井高のあるところにロフトとか」

いけ「それ、めっちゃいいですね!うわ、遊びがいがある〜」

想像力が掻き立てられ、ときめきっぱなしです!(コレ大事)

 

ロフトはお金かかるだろうけど、ここならお金かけたいわ。

 

そうはっきりと思いました。