唐津ゲストハウス創業記

佐賀県唐津市に“泊まれる少女まんが館”「唐津ゲストハウス少女まんが館Saga」を開業するまでのあれやこれやを綴ります。

ゲストハウスの物件探し(8)〜ここでやろう!〜

館主(予定)のからいけです。

今年はお盆休みが長いため、その前の仕事の進行でバタバタに。

やっと少々落ち着いてきましたので、ようやくブログが更新できます。

(待っておられなかったかもしれませんが)お待たせしました!!

 

えーと、どこからでしたっけ?(笑)

そうそう、東京に戻り、有形文化財の古民家開業の夢が敗れた私に、宮崎不動産さんから間取り図が届いたんです。

「こんなんつくってみました!」とのこと。

それがこちら。

f:id:jomakansaga:20170812114457j:plain

元の間取り図がこちらです。

f:id:jomakansaga:20170812114540j:plain

……なんか広がってる!

他物件との共有ホールになっている部分+2畳ほどのスペースが拡張されており、そちらをゲストハウスのスペースとして使用して大丈夫です、とのこと。

契約料や家賃についても、宮崎さんのところの持ち物件のため、勉強してくださるとの破格の申し入れでした。

 

さっそく、一級建築士の友人(廣中智子さん nest-design Laboratory)にこちらの間取り図と内見した際の写真を見せて相談したところ、ベッド8を確保しつつ、寝室と共有スペースを分け、共有部分に壁全面の本棚を設置する提案をしてくれました!

 

想定していたものよりはまだ狭くはあるけれど、これだったらもしかして??

あの立地でゲストハウスができたら、という想いが再燃しました。

 

ちなみに、建築士の廣中さんとは、中国の古代を舞台にした小説を主に書かれている宮城谷昌光氏ファンのオフ会で出会いました。歴史・本・漫画好きという共通点があり、今回の計画にたいへん興味を持ってくれていますし、私がやりたいイメージをすぐに理解してくれるという、ひっじょーに得難い人です!

そして、宮崎さんに関しても、たった2度会っただけの私に、ものすごく親身になって考えてくれています。

人との出会いは本当に「縁」ですが、今年に入ってからの人間関係のつながり具合は怖いほどです。人との出会いには、感謝しかありません。

 

「決められるのは、唐津に戻って他の物件も見られてからでいいですよ」とおっしゃる宮崎さんに、ありがたく思いつつ、ほぼ私の気持ちは固まっていました。

 

この人の扱う、あの物件でやっていきたい」と。

 

保健所に全体の計画相談や実際のリフォームの見積もり後、賃貸契約をする予定ですが、ひとまず「ゲストハウスの物件探し」は今回まで。

次は保健所への許可申請のことなどについて書いていきますね!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。