唐津ゲストハウス創業記

佐賀県唐津市に“泊まれる少女まんが館”「唐津ゲストハウス少女まんが館Saga」を開業するまでのあれやこれやを綴ります。

飲食提供とグリースなトラップ〜下水道課の返答〜

館主(予定)のからいけです。 唐津では夜がだいぶ涼しくなり、虫の声もうるさくなってまいりました。東京よりも夜は涼しいかもしれませんね。 さて、飲食の許可もとろうと決意した私に、不動産屋さんの宮崎さんが放った 「グリース・トラップ」とは何かとい…

保健福祉事務所からの回答(3)〜客室面積クリアするも新たな「壁」〜

館主(予定)のからいけです。 前回は客室部分の26.4㎡確保のため、さらなる拡張案が出たところまででしたね。 さっそく東京にいる建築士の廣中さんにお願いして、「うちのり」での面積計算をやっていただきました。 実は、保健福祉事務所のYさんから客室の…

保健福祉事務所からの回答(2)〜「うちのり」26.4㎡の壁〜

館主(予定)のからいけです。 さて、保健福祉事務所のYさんから届いた追加の質問事項はこちら。 1 この施設では、宿泊者以外の一時的な利用客の受け入れはありますか。たとえば、宿泊はしないが一定時間滞在し読書を行う客などの受け入れ。 2 施設内の「洗…

保健福祉事務所からの回答(1)〜客室の定義ってなに?〜

館主(予定)のからいけです。 今回はちょっと長くなりますが、よろしくお付き合いくださいね! 初めての保健福祉事務所での面談から約1週間後、「旅館業法」および佐賀県の「旅館業に関する条例」に規定されている施設基準をもとに、先日の相談内容に関する…

初めての保健福祉事務所相談(2)

館主(予定)のからいけです。 7月18日に保健福祉事務所を初めて訪れたわけですが、市役所に持っていったプレゼン資料(なんちゃって事業計画書)と竣工時の図面、改装案等を持って行き、ゲストハウスの計画についてお話ししました。 担当のYさんはとても感…

初めての保健福祉事務所相談(1)

館主(予定)のからいけです。 本日からは、ゲストハウス開業にもっとも重要な許可申請についてのお話です。 ゲストハウスは、旅館業法という法律上では「簡易宿所」にあたり、法律としては、旅館業法にのっとって営業することが義務付けられています。そし…

終戦記念日に思うこと

館主(予定)のからいけです。 今日は72回目の終戦の日ですね。 これまで、自伝などの出版にも多く関わらせていただきまして、従軍や満州からの引き揚げなど、実際の体験をうかがう機会がありました。 さまざまなかたちで戦争を体験された方が口を揃えられる…

ゲストハウスの物件探し(8)〜ここでやろう!〜

館主(予定)のからいけです。 今年はお盆休みが長いため、その前の仕事の進行でバタバタに。 やっと少々落ち着いてきましたので、ようやくブログが更新できます。 (待っておられなかったかもしれませんが)お待たせしました!! えーと、どこからでしたっ…

ゲストハウスの物件探し(7)〜古民家活用を断念〜

館主(予定)のからいけです。 そろそろ読者の方も飽きておいでかと思いますが、本日も物件探しの続きです(笑)。 今回含め、あと2回で終わります(たぶん)から、何卒お付き合いくださいませ! さて、東京に戻った私に、待ちに待った連絡が入りました。 古…

ゲストハウスの物件探し(6)〜内見2軒目〜

館主(予定)のからいけです。 引き続き、ゲストハウスの物件探しについて。 とりあえずいろいろ見てみようと、唐津焼作家の小杉くんから紹介された、エステート大石の代表の大石和哉さんにも連絡を取ったところ、お会いできることに。 東京に戻る当日でした…

ゲストハウスの物件探し(5)〜内見1軒目〜

館主(予定)のからいけです。 今日は、紆余曲折(?)を経て、紹介された不動産さんを訪れたところから。 宮崎不動産の代表・宮崎晃喜さんは、初対面からなかなかのインパクトでした。 私より歳下とは思えない、なかなかの風格(ようはおっさん顔?笑)をお…

ゲストハウスの物件探し(4)〜そうだ、不動産屋行こう〜

館主(予定)のからいけです。 引き続き、ゲストハウスの物件探しについてです。 市役所で創業支援について聞いたあと、ついでに寄ったのが和多田にある小杉窯のギャラリー。 唐津焼 小杉窯 Karatsu Pottery KOSUGI 唐津焼作家の小杉隆治くんは兄の友人で、…

ゲストハウスの物件探し(3)〜先生、補助金がほしいです!〜

館主(予定)のからいけです。 本日も引き続きゲストハウスの物件探しについてなのですが、それに関連して補助金のお話など。 前回で有力情報が寄せられた空き家についてなのですが、結果的には中を見ることはできませんでした。 東京に戻ってからよくよく話…

手作りピザソース

館主(予定)のからいけです。 物件探しの記事の途中ですが、閑話休題。 パソコンに向かったり、出かけたりしていると、頭を休める時間が欲しくなるのですが、そんなときは料理に走ります。 夏の田舎あるあるとして、家で作っているキュウリやトマト、ナス、…

初めての寄贈本〜古代幻想ロマンシリーズ(長岡良子著)〜

館主(予定)のからいけです。 少女まんが館Saga初の寄贈本が届きました! 長岡良子先生の「古代幻想ロマンシリーズ」全8巻です。 私も大好きなこのシリーズ。パラパラめくって記憶が蘇ってきました。 「日本」という国の礎を築いた藤原不比等(史)の物語…

ゲストハウスの物件探し(2)〜用途地域で大混乱〜

館主(予定)のからいけです。 今回もゲストハウスの物件探しについて。 前回は建物の「用途」のことをお話ししましたが、今回は立地のこともお話ししますね。 用途地域等を定めた建築基準法の48条によれば、旅館の立地条件として次の地域が不可だそうです。…

ゲストハウスの物件探し(1)〜用途変更について〜

館主(予定)のからいけです。 本日はゲストハウスの物件探しについてのお話です。 ゲストハウスをつくるにあたって、一番のネックは物件探しだと聞いていました。 たしかに、実家などをリノベしてゲストハウスにできるといったことがなければ、 「どこでや…

Uターン(移住)費用について

館主(予定)のからいけです。 毎日暑いですね〜 本日は二十四節気のなかでももっとも暑い日とされている「大暑」。 現在の暦ですと1カ月ほどあとが暑さのピークですから、これから夏もいよいよ本番ですね。 我が家では毎日朝から蝉の大合唱が響き渡ります…

光回線万歳!wifi接続でてんやわんや(4)

館主(予定)のからいけです。 インターネット接続のお話も最後です。 さて、なんとか自室に置いたデスクトップPCでのインターネット接続は可能だったのですが、ルーターにつないでいる外付けのハードディスクの自動バックアップ(Time Machine)が機能しま…

唐津市民になりました。

館主(予定)のからいけです。 本日、晴れて唐津市民になりました!! 引っ越しのバタバタで転出届を取りに行けなかったのですが、調べたところ府中市では、転出届だけは郵送で取り寄せが可能とのこと。 返信用封筒を用意して、転出届の郵送を依頼。 写真:…

光回線万歳!wifi接続でてんやわんや(3)

館主(予定)のからいけです。 前回に引き続き、wifi接続についてです。 7月5日、無事に荷物の搬入を終えたわたしには、すでに東京からお仕事メールが届いておりました。 とにかく早急にインターネットにつなげなければ! 「明日にせんね」という親に、「そ…

光回線万歳!wifi接続でてんやわんや(2)

館主(予定)のからいけです。 引き続き、実家のインターネット接続にからむ帰郷前後のことをお話させていただきます。 引っ越しの荷物を送り出してから、都内のゲストハウスなどを泊まり歩き、7月3日を迎えました。 とうとう帰郷前夜。 ですが、東京生活最…

光回線万歳!wifi接続でてんやわんや(1)

館主(予定)のからいけです。 帰郷した私の緊急課題は、なんといってもインターネット! いかに自室でスムーズにネットに接続させるか、でした。 これまでほとんどインターネットというものをやってこなかった実家に、光回線の工事がされていただけでもあり…

唐津のこと(1)

館主(予定)のからいけです。 今日は、わが町唐津について少しだけ。 唐津市は、佐賀県北西部の位置にあり、市域は、東西約36km、南北約30kmに及び、総面積は約487.54㎢で、佐賀県全体の約20%を占めています。 市の東部は福岡県糸島市、佐賀市、南部は多久…

少女まんが館のこと

館主(予定)のからいけです。 私がつくろうとしている「唐津ゲストハウス 少女まんが館Saga(仮)」は、東京のあきる野市にある「少女まんが館」さんの姉妹館になります。 http://www.nerimadors.or.jp/~jomakan/ 明治時代から西暦2000年くらいまでの貴重な…

ゲストハウスをつくるワケ(5)

館主(予定)のからいけです。 (4)のつづき。 2016年末、帰郷を決意したわけですが、とにかく実際の帰郷日を具体的にしないと、日々の仕事に追われズルズルしてしまうだろうと、7月に設定。 そこからスケジュールを逆算し、各方面の調整に入りました。 3…

ゲストハウスをつくるワケ(4)

館主(予定)のからいけです。 (3)のつづき。 ゲストハウスをつくりたい! そう思った私が真っ先に思い出したのが、故郷の佐賀県唐津市のこと。 唐津湾に面した、緑豊かで美しいふるさと。 唐津くんち(祭)を誇りとし、素晴らしい焼き物と人懐っこくて明…

ゲストハウスをつくるワケ(3)

館主(予定)のからいけです。 (2)つづき。 30代半ばにして真剣に将来について考え始めていたとき、一番頼りにしていた会社さんからいっとき仕事が来なくなりました。 9割以上の収入をそちらに頼っていたため、なかなか困ったことになったのですが、結果…

ゲストハウスをつくるワケ(2)

館主(予定)のからいけです。 前回に引き続き、ゲストハウスをつくろうと思った理由についてなんですが、ひとまず簡単に私のことをお話しさせていただきます。 30代後半、いわゆるアラフォー女性。 フリーランスの編集者兼ライターとして、書籍や雑誌づくり…

ゲストハウスをつくるワケ(1)

そもそも日本でいうゲストハウスとは、 比較的安価な料金で利用出来る、バックパッカーの利用などに主眼を置いた宿泊施設を指して使われることが多い。それらは、ホテルとは違い、部屋によってはトイレ、バスルームがない場合もあり、共用のものを利用する。…

ただいま唐津!

2017年7月4日、13年ぶりに東京から佐賀県は唐津市に戻ってまいりました。 これから、唐津に“泊まれる少女まんが館”をテーマにしたゲストハウスをつくります! わたくし、館主(予定)のからいけと申します。 ゲストハウス開業に関わるあれやこれやを、綴って…